トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


イスラム帝国

Last-modified: 2020-03-10 (火) 14:32:10
Top / イスラム帝国

歴史Dランク

イスラム帝国(いすらむていこく)

イスラム教徒が西アジアを中心に建国した帝国。 8世紀には,中央アジアから北アフリカ,イベリア半島(ヨーロッパ)までを支配する大帝国に成長した。古代オリエントの文化にギリシャ・ペルシャ・インド・中国などの文化を取り入れたイスラム文化が栄え,ルネサンスに大きな影響を与えた。

【参考】

イスラム帝国とよばれる王朝には,次のようなものがある。

  • ウマイヤ朝(661年〜750年)……シリア総督ムーアウィアがカリフ(ムハンマドの代理人のことでハリーファともいう)の地位について開いた王朝。アラブ人が異民族を支配する大帝国となったが,諸民族の反乱が相次ぐなかで,アッバース朝にほろぼされた。
  • 後ウマイヤ朝(756年〜1031年)……ウマイヤ朝の一族がイベリア半島にたてたイスラム王国。後に,キリスト教徒のレコンキスタ(国土回復運動)によってイスラム勢力はイベリア半島から追われ,スペインポルトガルが成立した。
  • アッバース朝(750年〜1258年)……バグダートを都に繁栄(はんえい)し,イスラム文化が栄えた。イスラム教に改宗したペルシャ人(イラン人)などにも平等が権利が認められたことから,この王朝を特にイスラム帝国とよぶこともある。モンゴル帝国によってほろぼされている。