トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


ドーナツ化現象

Last-modified: 2017-02-15 (水) 12:49:14
Top / ドーナツ化現象

地理Dランク

ドーナツ化現象(どーなつかげんしょう)

都市の中心部の人口が減少し,郊外の人口が増加すること。 中心部の空洞化を中央に穴の開いたドーナツに例えたもの。

都市化が進むと,中心部には会社,事務所,商業施設などが集中し,郊外に住宅地が建設されるようになる。人々は郊外から中心部に通勤・通学をするようになるため,中心部では昼間人口は多くても,夜間人口(居住人口)は減少することになる。東京の都心部でもこの傾向が続き,生徒が集まらないで廃校になる学校まであらわれている。

【注意】

最近は都市の中心部の再開発がすすみ,事務所などが郊外に移転する一方で,超高層マンションなどが建設されるようになっている。このため,郊外から生活に便利な都市の中心部に移転する人口が増加するという,都心回帰とよばれる現象もおきている。