トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


ミッドウェー海戦

Last-modified: 2018-01-09 (火) 12:59:53
Top / ミッドウェー海戦

歴史Cランク

ミッドウェー海戦(みっどうぇーかいせん)

1942年6月,北太平洋のミッドウェー島沖で日本とアメリカが戦った海戦。 日本海軍は航空母艦4隻と多数の航空機を失うなどの大損害(そんがい)を受け,太平洋戦争の主導権を失うことになった。

  • ミッドウェー島はハワイ諸島の北西にあり,アメリカ軍の飛行基地が設置されていた。
  • 日本側のねらいは,ミッドウェー島を占領し,アメリカの機動部隊をおびきだして打撃を与えることにあった。しかし,日本側の暗号を解読していたアメリカ側はミッドウェー周辺に戦力を集中して,日本の攻撃を待ちかまえていた。
  • 機動部隊……海軍の場合,航空母艦(空母)を中心とする部隊のことで,機動艦隊ともいう。この時期,航空機が急速に発達したことから,海軍の主力は,戦艦を中心とする艦隊から空母を中心とする機動部隊に代わっていた。ミッドウェー海戦は,日本とアメリカの機動部隊の間で行われた海戦である。(戦艦大和を中心とする連合艦隊も出撃したが,海戦には参加しないまま撤退している。)
  • 両国の損害は次の通りである。
  • 日本……航空母艦4隻・巡洋艦1隻・航空機289機を失う。
  • アメリカ……航空母艦1隻・駆逐艦1隻・航空機約150機を失う。

アメリカの工業力が日本を大きく上回っていた(損害が同程度であっても,日本に不利であった)だけに,ミッドウェー海戦で日本が受けた打撃は大きかった。