トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


ミレニアム開発目標

Last-modified: 2017-08-21 (月) 14:25:41
Top / ミレニアム開発目標

公民Dランク

ミレニアム開発目標(みれにあむかいはつもくひょう)

開発分野における国際社会共通の目標として,国際連合などが定めたもの。

1990年代に国際会議やサミットなどで採択された国際開発目標と,2000年に採択された国連ミレニアム宣言を統合したもので,次の8つの目標があげられている。

  1. 極度の貧困と飢餓撲滅(ぼくめつ)
  2. 普遍的初等教育の達成
  3. ジェンダーの平等の推進と女性の地位向上(ジェンダーは「社会的・文化的に形成された性別」のこと)
  4. 幼児死亡率の削減
  5. 妊産婦の健康の改善
  6. HIV/エイズ,マラリアその他疾病(しっぺい)蔓延(まんえん)防止
  7. 環境の持続可能性の確保
  8. 開発のためのグローバル・パートナーシップの推進

ミレニアムは千年紀(西暦を1000年単位で区切ったもの)のことで,新しいミレニアム(2000年代)の目標であることから,ミレニアム開発目標とよんでいる。

【参考】

ミレニアム開発目標は2015年までに達成すべき目標とした定められたものである。そのため,2015年に国際連合はミレニアム開発目標を継承・発展させた「持続可能な開発目標」を新たに採択している。