トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


リコール

Last-modified: 2017-01-12 (木) 16:12:19
Top / リコール

公民Dランク

リコール

直接請求権の1つで,住民が首長や地方議会議員の解職を請求すること。 有権者総数の3分の1以上の署名を集めて代表者が選挙管理委員会に請求する。請求が有効と認められると,請求から60日以内に住民投票が行われ、有効投票総数の過半数の賛成があると解職される。

【参考1】

  • リコールに必要な署名数は,実際には次のように定められている。(中学生の時点では,「3分の1以上」と覚えておけばよい。)
  • 有権者総数が40万人以内のとき……有権者総数の3分の1以上
  • 有権者総数が40万人をこえ,80万人以内のとき……40万人の3分の1と,40万人をこえる人数の6分の1を合計した数以上
  • 有権者総数が80万人をこえるとき……40万人の3分の1と,40万人の6分の1と,80万人をこえる人数の8分の1を合計した数以上
  • 首長・議員がその地位についてから1年間はリコールはできない。(当選してから1年間はリコールできないといこと。ただし,無投票当選の場合は除く。)

【参考2】

リコール(recall)には「回収する」の意味がある。これから,製造業者や販売業者が欠陥(けっかん)の判明した製品を回収することをリコールというが,これは,直接請求権のリコールとは別のものである。