トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


三審制

Last-modified: 2017-06-05 (月) 15:22:02
Top / 三審制

公民Aランク

三審制(さんしんせい)

1つの事件について3回まで裁判を受けられること。 裁判の間違いを防ぎ,人権を守るためにつくられた制度である。

  • 第一審……最初の裁判のこと。第一審の判決に不服がある場合,2度目の裁判を求めることを控訴という。
  • 第二審(控訴審)……2度目の裁判のこと。第二審の判決に不服がある場合,3度目の裁判を求めることを上告という。
  • 第三審(上告審)……3度目の裁判のこと。

控訴・上告は裁判の当事者(原告被告検察官被告人弁護人など)が行うことができる。控訴がなければ第一審で,上告がなければ第二審で裁判は終わるので,必ず3回裁判をするわけではない。

【三審制のしくみ】

  • ふつうの民事裁判……地方裁判所→高等裁判所→最高裁判所
  • 家庭に関する民事裁判……家庭裁判所→高等裁判所→最高裁判所
  • 請求額が140万円以下の民事裁判……簡易裁判所→地方裁判所→高等裁判所
  • ふつうの刑事裁判……地方裁判所→高等裁判所→最高裁判所
  • 少年犯罪に関する刑事裁判……家庭裁判所→高等裁判所→最高裁判所
  • 刑罰の軽い刑事裁判……簡易裁判所→高等裁判所→最高裁判所

内乱・選挙・独占禁止に関する訴訟では,高等裁判所→最高裁判所の二審制をとっているものもある。