トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


上皇

Last-modified: 2017-04-17 (月) 15:49:25
Top / 上皇

歴史Cランク

上皇(じょうこう)

天皇が位をゆずった後に受ける敬称。 正式な名称は太上(だいじょう)天皇で,上皇はその略称である。

上皇やその住まいのことは「院」ともいった。そのため,上皇による政治は院政とよばれている。

【注意】

上皇が出家したときは法皇(ほうおう)という。白河天皇の場合,名称は次のようになっている。

  • 白河天皇(1072〜1086)……1072年に即位し,1086年に子の堀河天皇に位をゆずっている。
  • 白河上皇(1086〜1096)……上皇になってからも政治を行う(院政のはじまり)。
  • 白河法皇(1096〜1129)……1096年に出家して法皇になるが,院政を続ける。