トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


世界地図

Last-modified: 2018-11-27 (火) 14:01:10
Top / 世界地図

地理Bランク

世界地図(せかいちず)

世界全体,またはその大部分を表した地図のこと。 地球は球体であるため,平面の地図上に面積・方位・角度・距離などをすべて正確にえがくことはできない*1。世界地図は,目的に合わせた図法によって作成されているので,各図法の特徴を理解して利用する必要がある。(角度が正しい図法でかかれた世界地図を使って,面積を比べてはいけない!)

【代表的な世界地図の図法】

  • メルカトル図法…… 角度が正しい図法で,かつては航海図に利用された。高緯度になるほど,面積が拡大されて表示される(グリーンランドは実際の面積の17倍にもなっている。)
  • ミラー図法……メルカトル図法では北極・南極が描けないため,経線方向に縮めて,世界全体を描けるようにした図法。角度の正しさは失われている。
  • モルワイデ図法……面積の正しい図法だが,高緯度になるほど形のゆがみが大きい。統計図などに使われる。
  • サンソン図法……面積の正しい図法。モルワイデ図法と比べると,低緯度のゆがみが小さく,高緯度のゆがみが大きい。
  • グード図法……面積の正しい図法。低緯度にサンソン図法,高緯度にモルワイデ図法を使い,海の部分に断裂(だんれつ)を入れている。
  • 正距方位図法……中心から見た距離と方位が正しい図法で,最短距離が分かることから,航空図などに用いられる。中心から離れるほど形はゆがんでいる。
*1 球は平面上に展開できない立体である。