トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


二十一か条の要求

Last-modified: 2017-03-22 (水) 12:10:27
Top / 二十一か条の要求

歴史Aランク

二十一か条の要求(にじゅういちかじょうのようきゅう)

1915年 第一次世界大戦中に,日本政府が中国政府に提出した要求のこと。 日英同盟を名目に大戦に参戦した日本は,ドイツの軍事基地のあった山東(シャントン)半島を占領した。中国政府が占領地からの軍の撤退(てったい)を求めると,日本政府は,次のような二十一か条の要求(5号に分類されていた)をつきつけた。

  • 第1号(4条)……ドイツが山東省に持っていた一切の利権を日本にゆずる。
  • 第2号(7条)
  • 日本の旅順(リュイシュン)大連(ターリエン)租借(そしゃく)の期限,南満州鉄道の利権の期限を99か年延長する。
  • 南満州・東部内蒙古(うちもうこ)における,土地や鉱山に関する権利を日本人に与える。
  • 第3号(2条)……中国最大の製鉄会社を,日本と中国の共同経営にする。
  • 第4号(1条)……中国の沿岸地域を外国にゆずったり,貸すことを禁止する。
  • 第5号(7条)……中国は政治・財政・軍事の顧問(こもん)として,中央政府に日本人をやとう。

中国政府はこの要求に反発したが,日本政府は武力を背景に第5号を除く大半の要求を認めさせた。この結果,中国では民衆の反日感情が高まり,欧米諸国も日本を警戒するようになった。