トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


五箇条の御誓文

Last-modified: 2019-05-14 (火) 14:19:14
Top / 五箇条の御誓文

歴史Aランク

五箇条の御誓文(ごかじょうのごせいもん)

1868年 江戸幕府を倒した新政府が,新しい政治の方針を示したもので,天皇が神に(ちか)う形で発表された。 広く世論を取り入れて政治を行うこと,これまでのよくないしきたりは改めること,外国との交際を深めることなどを明らかにした。

【五箇条の御誓文】

  • 一 広ク会議ヲ(おこ)万機(ばんき)公論ニ決スヘシ……広く世論を尊重して政治を行うこと。(「会議」は有力な藩主による会議のことだと考えられる。)
  • 一 上下(しょうか)心ヲ(いつ)ニシテ(さかん)経綸(けいりん)ヲ行フヘシ……階級制を打破し,豪農や商工業者の協力によって国力を充実させること。
  • 一 官武一途庶民(かんぶいっとしょみん)(いた)(まで)(おのおの)(その)(こころざし)()ケ,人心ヲシテ()マサラシメンコトヲ要ス……人材を登用し,人心を一新すること。
  • 一 旧来ノ陋習(ろうしゅう)ヲ破リ,天地ノ公道ニ(もとづ)クヘシ……封建的な因習や攘夷(じょうい)論を廃し,国際法に従うこと。
  • 一 智識ヲ世界ニ求メ,(おおい)皇基(こうき)振起(しんき)スヘシ……先進国の文化を取り入れて,国家の発展を図ること。

【成立の過程】

  • 福井藩出身の由利公正(ゆりきみまさ)が起案(もとになる文や案を作ること)する。由利は坂本龍馬と交流があり,2人の思想の反映があったともされる。
  • 土佐藩出身の福岡孝弟(たかちか)が修正する。福岡の修正は封建的なもので,大名会議を重視するものになっていた。
  • 長州藩出身の木戸孝允が加筆し,大幅に変更する。天皇が大名・公卿をひきいて神に誓うという発表の形式も木戸の発案による。