トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


人口ピラミッド

Last-modified: 2018-11-27 (火) 12:57:59
Top / 人口ピラミッド

地理Bランク

人口ピラミッド(じんこうぴらみっど)

特定の国や地域について,男女別に年齢ごとの人口をあらわしたグラフのこと。 

次の手順で作成する。

  • 中央に縦軸をひき,底辺を0歳,頂点を最高齢者として年齢をきざむ(5歳ごとに区切ることが多い)。
  • 縦軸の左右に男女別に,年齢別の人口数または総人口に対する割合をあらわす棒グラフをかく。

一般には,年齢が高くなるにつれて人口が減ることから,下にある棒グラフほど長く,上にある棒グラフほど短くなる。棒グラフ全体の集まりが三角形になることから,人口ピラミッドとよばれている。

【人口ピラミッドの形】

出生率や死亡率が変化すると,人口ピラミッドの形は変化する。代表的な形に,次のようなものがある。

  • 富士山型……出生率と死亡率がともに高い,発展途上国に多く見られる形。
  • つりがね型……富士山型よりも,死亡率が低下した形。
  • 壺型……出生率と死亡率がともに低い、先進国に多く見られる形。

現在の日本の人口ピラミッドは壺型になっている。