トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


俳諧

Last-modified: 2019-08-28 (水) 16:49:49
Top / 俳諧

歴史Aランク

俳諧(はいかい)

連歌(れんが)から発達した詩歌で,松尾芭蕉(ばしょう)によって芸術性が高められた。 もとはこっけいなものであったが,松尾芭蕉は自然や人生を題材として味わい深い作風を確立し,蕉風(しょうふう)とよばれた。

  • 俳諧は本来,こっけいとか(たわむ)れという意味の語で,「古今和歌集」ではこっけいな和歌を俳諧歌とよんでいた。
  • 連歌は複数の作者が上の句(五・七・五)と下の句(七・七)を交互によんでいくもので,室町時代に特にさかんにつくれらた。こっけいな連歌を俳諧連歌とか,たんに俳諧とよんだ。
  • 芭蕉が連歌の第一句である発句(ほっく)を重視したことから,五・七・五の十七音からなる単独の作品として俳諧がつくられるようになった。
  • 明治時代に正岡子規(しき)らによって俳諧の近代化が進められ,発句は自立した作品として俳句とよばれるようになった。
  • 俳句は明治時代にうまれた名称であり,松尾芭蕉や与謝蕪村小林一茶などがよんだのは俳諧の発句である。ただし,現在ではこれらの作品も俳句とよぶことが多くなっている。