トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


Last-modified: 2017-02-22 (水) 16:47:31
Top / 元

歴史Aランク

元(げん)

1271年〜1368年 中国を支配したモンゴル人の王朝。 二度にわたって日本を攻撃している(元寇)。


【元の歴史】

  • 1234年……モンゴル帝国が中国北部を支配していた金をほろぼす。
  • 1259年……高麗がモンゴル帝国に服属する。
  • 1260年……フビライ・ハン(チンギス・ハンの孫)がモンゴル帝国の第5代皇帝になる。このころから帝国の分裂がすすむ。
  • 1264年……都を大都(現在の北京)に移す。
  • 1271年……国号を元に定める(正式には大元)。フビライ・ハンは元の初代皇帝としては世祖(せいそ)とよばれる。
  • 1279年……中国南部を支配していた(南宋)をほろぼし,異民族による中国最初の統一王朝となる。
  • 1281年……第二次元寇(弘安の役)。フビライ・ハンは第三次元寇も計画していたが,内乱などが相次いで実現しなかった。

シルクロードを利用した交易や海上貿易が盛んになり,マルコ・ポーロなどの西洋人も元を訪れた。しかし,後半は政治が乱れるなかで,漢民族の蜂起(ほうき)が相次いだ。

  • 1351年……白蓮(びゃくれん)教徒などによる紅巾(こうきん)の乱がおこる。
  • 1368年……紅巾の乱の指導者の1人であった朱元璋(しゅげんしょう)が南京を首都にを建国し,大都を攻撃する。元は大都を放棄(ほうき)してモンゴル高原に退去し,明が中国を統一する。

元はほろんだわけではないが,以後はふつう北元とよび,中国を支配した元とは区別することが多い。

  • 1388年……フビライ・ハンの王統が断絶する。
  • 1636年……の皇帝がモンゴルを支配することになり,北元は消滅する。