トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


公職選挙法

Last-modified: 2016-06-21 (火) 12:21:47
Top / 公職選挙法

公民Cランク

公職選挙法(こうしょくせんきょほう)

選挙区・選挙運動・投票など,選挙の決まりを定めた法律。 選挙管理委員会が運営にあたっている。

公職選挙法は社会の変化に応じて改正されている。次は,近年のおもな改正である。

  • 2012年
  • 衆議院小選挙区選出議員の定数を5人削減する。
  • 参議院の選挙区の定数を4増4減する(定数の合計は変わらず)。
  • 2013年
  • インターネットを利用した選挙運動を可能にする。
  • 成年被後見人の選挙権を回復する。
  • 2015年
  • 選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる。(施行は2016年6月19日から。)
  • 参議院の選挙区の定数を10増10減する(定数の合計は変わらず)。鳥取県・島根県と徳島県・高知県をそれぞれ1つの選挙区とする(合区)。