トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


刀狩

Last-modified: 2019-04-22 (月) 12:39:48
Top / 刀狩

歴史Aランク

刀狩(かたながり)

農民から刀・鉄砲などの武器を取り上げること。 1588年に豊臣秀吉が出した「刀狩令」が有名で,一揆(いっき)などの農民の反抗を防ぎ,耕作に専念させることが目的であった。

【1588年の刀狩令の内容】

  • 農民が刀・脇差(わきざし)(短い刀)・弓・槍・鉄砲を持つことを禁止する。大名と家臣は武器を農民から取り上げて,秀吉に差し出すこと。
  • 差し出された武器は,大仏殿(だいぶつでん)を建てるときの(くぎ)などに使用する。
  • 農民は耕作に専念し,年貢(ねんぐ)を納めること。