トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


千利休

Last-modified: 2016-06-13 (月) 16:44:07
Top / 千利休

歴史Aランク

千利休(せんのりきゅう)

1522年〜1591年 安土・桃山時代の茶人で,茶道の大成者とされる。 堺の商人の家に生まれ,若い頃から茶を学び,茶人として知られるようになった。織田信長豊臣秀吉に仕え,1587年に秀吉が開いた北野大茶会では,その中心となった。秀吉のもとでは政治的にも重要な立場に立っていたが,秀吉の怒りをうけ,切腹させられた。

利休は茶の湯にわび・さびの精神を取り入れた侘び茶を完成させた。「茶道」は「茶の湯の道」を略したもので,「ちゃどう」または「さどう」と読む。