トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


卑弥呼

Last-modified: 2019-09-02 (月) 16:55:13
Top / 卑弥呼

歴史Aランク

卑弥呼(ひみこ)

?〜3世紀の中頃 邪馬台国(やまたいこく)の女王。 中国の歴史書では,次のように記録されている。

  • 2世紀の後半,()(当時の日本の呼び名)に大乱がおこった。女王の卑弥呼がたてられて内乱はしずまり,30余国が邪馬台国に服属した。
  • 卑弥呼は239年に()に使いを送り,「親魏倭王(しんぎわおう)」の称号と金印や銅鏡を授けられた。
  • 卑弥呼は宮殿の奥深くに住んで神に仕えていた。実際の政治については,弟が助けていた。
  • 卑弥呼の死後,男の王が立ったが,国は混乱して多くの人が死んだ。卑弥呼の宗女(あとつぎとなる親族の女性)である台与(とよ)が13歳で王になると国はしずまった。