トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


原子爆弾

Last-modified: 2018-05-15 (火) 12:41:31
Top / 原子爆弾

地理Dランク歴史Aランク

原子爆弾(げんしばくだん)

核分裂(かくぶんれつ)を利用した爆弾のこと。 原子爆弾は通常兵器よりもはるかに大きな破壊力をもっている。さらに,放出される放射性物質による被爆(ひばく)被害も重大である。

第二次世界大戦の末期,アメリカ軍によって,広島市と長崎市に原子爆弾が投下されている。

  • 広島市……1945年8月6日,ウランを用いた原子爆弾が投下される。1945年末までの死者は推計13万人。
  • 長崎市……1945年8月9日,プルトニウムを用いた原子爆弾が投下される。1945年末までの死者は推計7万5千人。

【注意】

核エネルギーを利用した爆弾には,原子爆弾と水素爆弾がある。

  • 原子爆弾……ウランやプルトニウムの原子核の核分裂反応を利用した爆弾。
  • 水素爆弾……重水素の原子核の核融合(かくゆうごう)反応を利用した爆弾。核融合をおこすには高温・高圧が必要であることから,原子爆弾を起爆剤としている。

ともに原子核のもつ核エネルギー(質量の一部がエネルギーに変換したもの)を利用した爆弾だが,核分裂を利用した爆弾の方が先にできたので,これを原子爆弾とよんでいる。