トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


古今和歌集

Last-modified: 2016-10-26 (水) 16:28:09
Top / 古今和歌集

歴史Aランク

古今和歌集(こきんわかしゅう)

平安時代前期につくられた,最初の勅撰(ちょくせん)和歌集。 醍醐(だいご)天皇の命によって編集がはじまり,905年に成立した。撰者は紀貫之(きのつらゆき)・紀友則(とものり)凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)壬生忠岑(みぶのただみね)。全20巻,歌数はおよそ1100首である。紀貫之の書いた「仮名序(仮名で書かれた序文)」は,すぐれた歌論として知られている。

  • 勅撰和歌集……天皇や上皇の命によって編集された和歌集のこと。「古今和歌集」から「新続古今和歌集」まで,全部で21の勅撰和歌集がつくられている。