トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


台風

Last-modified: 2018-10-01 (月) 12:50:41
Top / 台風

地理Aランク

台風(たいふう)

熱帯付近で発生する勢力の強い低気圧のことで,夏から秋にかけて日本列島に移動してくることが多い。 台風はしばしば風水害をもたらすが,台風の降らせる雨は貴重な水資源にもなっている。

  • 低気圧……まわりよりも気圧が低いところ。周辺から風がふきこんで上昇気流ができるので,雲が発生して雨やくもりになることが多い。
  • 台風の基準……気象庁では,北西太平洋に存在する熱帯低気圧のうち,低気圧域内の最大風速がおよそ毎秒17m以上のものを台風とよんでいる。なお,台風の勢力がおとろえて最大風速が毎秒17m未満になると,熱帯低気圧や温帯低気圧になる。
  • 熱帯低気圧……台風がそのままおとろえたもの。
  • 温帯低気圧……北方から寒気が加わり,中心から前線がのびるようになったもの。
  • 日本と台風……1年の平均では,約26個の台風が発生し,約11個が日本に接近し,約3個が日本に上陸している。統計上,上陸数が最も多かったのは2004年で,10個の台風が上陸し,農産物などに大きな被害を与えている。

【参考】

強い熱帯低気圧の名称は地域によっても違い,台風の他に次のようなものがある。

  • ハリケーン……180度の経線より東の太平洋・大西洋で発生した熱帯低気圧で,最大風速がおよそ毎秒33m以上のもの。西インド諸島やメキシコ湾岸をおそうことが多い。(ハリケーンが180度の経線より西に移動すると,名称は台風に変わる。)
  • サイクロン……台風と同じ規模の熱帯低気圧で,おもにインド洋で発生したもの。

台風は,英語ではタイフーン(typhoon)というが,この語源については諸説がある。