トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


合計特殊出生率

Last-modified: 2017-07-25 (火) 16:30:53
Top / 合計特殊出生率

公民Dランク

合計特殊出生率(ごうけいとくしゅしゅっしょうりつ)

一人の女性が一生の間に生む子どもの数を表したもの。 「15〜49歳までの女性の年齢別出生率を合計したもの」として求めている。

日本の合計特殊出生率は次の通りである。(長く減少が続いていたが,2005年以降は少しずつだが増加の傾向にある。)

  • 1970年……2.13
  • 1975年……1.91
  • 1980年……1.75
  • 1985年……1.76
  • 1990年……1.54
  • 1995年……1.42
  • 2000年……1.36
  • 2005年……1.26
  • 2010年……1.39
  • 2015年……1.45

死亡率が変わらない場合,人口を維持(いじ)するためには,およそ2.08以上の合計特殊出生率が必要とされている。