トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


国司

Last-modified: 2019-12-18 (水) 15:44:40
Top / 国司

歴史Bランク

国司(こくし)

律令制度で,中央から諸国に派遣された地方官のこと。 律令制度では地方は多くの国に区分され,国ごとに国司が派遣された。国司は都の貴族から任命され,現地の郡司などを監督して政治を行った。国司のおもな仕事には,戸籍の作成,班田の収受,税の徴収,軍事,裁判などがあり,強い権限をもっていた。

国司が全国的に設置されたのは,7世紀後半ごろと考えられている。国司は(かみ)(すけ)(じょう)(さかん)の4人から構成され,任期は6年(後に4年)であった。

【国司の変化】

  • 平安時代……律令制度がくずれるとともに,受領(ずりょう)とよばれる国司が現地で徴税を請け負うようになった(受領にはふつう守や介がなった)。
  • 室町時代……守護の領主化(守護大名)が進み,国司は名目だけの存在となる。戦国時代になると,戦国大名が勝手に国司を称したり,朝廷に献金して国司に任命されることもあった。
  • 江戸時代……越前守(えちぜんのかみ)とか上野介(こうずけのすけ)のように,武家の官位として使われるようになった。