トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


大宝律令

Last-modified: 2019-06-26 (水) 15:59:11
Top / 大宝律令

歴史Aランク

大宝律令(たいほうりつりょう)

701年 唐の律令を手本にしてつくられた法律。 大化の改新(645〜)によってはじまった政治改革はこれによって完成し,朝廷が全国を支配するしくみが確立した。

「律」は刑罰のきまり,「令」は一般行政についてのきまりのことで,合わせて「律令」という。律と令がそろって制定されたのは,日本では大宝律令が最初とされている。

【参考】

  • 大宝律令の制定に関わった人物としては,刑部(おさかべ)親王(天武天皇の皇子),藤原不比等(ふひと)藤原鎌足の子)などがあげられる。
  • 大宝律令の原文は現存しておらず,一部が歴史書などに記録されているだけである。大宝律令を引きついだ養老(ようろう)律令(757年施行)をもとに,大宝律令の復元が行われている。