トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


大航海時代

Last-modified: 2020-02-19 (水) 14:39:54
Top / 大航海時代

歴史Bランク

大航海時代(だいこうかいじだい)

15世紀から17世紀にかけて,ヨーロッパ諸国が積極的に海外に進出した時代のこと。

香辛料や絹織物などアジア産の貴重品を求めるヨーロッパ諸国は,イスラム勢力などの支配する陸地をさけ,アジアと直接貿易を行うために積極的な航路の開拓(かいたく)を行った。この過程で南北のアメリカ大陸が「発見」され,ヨーロッパ諸国はアジアやアメリカに植民地を広げていくことになった。

【大航海時代】

大航海時代のさきがけとなったのはポルトガルとスペインで,次いでオランダやイギリスが進出した。

  • 1488年……ポルトガル人がアフリカ大陸の南端に到達する。南端の岬ははじめ「嵐の岬」と名づけられたが,国王の命令で喜望峰(きぼうほう)と改名されている。
  • 1492年……スペインの援助を受けたコロンブスが,西インド諸島に到達する。
  • 1522年……スペインの援助を受けたマゼランの一行が世界一周に初めて成功する。
  • 1543年……ポルトガル人をのせた中国船が種子島に漂着して,鉄砲を伝える。