トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


太陰暦

Last-modified: 2020-08-04 (火) 12:55:22
Top / 太陰暦

歴史Dランク

太陰暦(たいいんれき)

月の満ち欠けの周期をもとにした(こよみ)のこと。 「太陰」は月のこと。

古代のメソポタミア文明中国文明でうまれたもので,日本でも長く使われていた。

【参考】

  • 太陰暦……月の満ち欠けの周期(約29.5日)を1か月とし,12か月を1年とする。そのため,太陰暦の1年は約354日になり,太陽暦とは1年の長さが違っている。
  • 太陰太陽暦……純粋な太陰暦では暦と実際の季節がずれてしまうため,閏月(うるうづき)を入れてずれを修正したもの。
  • 太陰暦に太陽暦の要素を加えたものであることから(閏月は太陽の動きを参考にしていた),太陰太陽暦という。
  • 閏月はふつう3年ごとに加えられ,その年は1年が13か月になっていた。
  • 日本では飛鳥時代に中国から太陰太陽暦が導入され,明治時代のはじめまで使われていた。(日本で太陰暦というときは,ふつう太陰太陽暦のことである。)