トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


川柳

Last-modified: 2017-04-06 (木) 14:38:49
Top / 川柳

歴史Bランク

川柳(せんりゅう)

五・七・五の短詩で,人情や世相などをこっけいに風刺(ふうし)したもの。 江戸時代中期ごろからさかんにつくられるようになった。

【川柳の例】

  • これ小判 たった一晩 いてくれろ
  • 寝ていても 団扇(うちわ)のうごく 親心
  • 孝行の したい時分に 親はなし
  • 役人の 子はにぎにぎを よく覚え

【参考】

  • 連歌で下の句(七・七)を用意しておいて,それに対応する上の句(五・七・五)をよむことを前句付(まえくつ)けという。川柳はこの前句付けが独立したものである。
  • 江戸時代中期に活躍した前句付けの判定者に柄井(からい)川柳という人物がおり,この人の名前から「川柳」という語がうまれた。