トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


工場制手工業

Last-modified: 2016-10-26 (水) 16:01:57
Top / 工場制手工業

歴史Aランク

工場制手工業(こうじょうせいしゅこうぎょう)

道具をそろえた作業場に働き手を集め,分業による手工業で製品を生産すること。 マニュファクチュアともいう。

  • 分業……生産の工程をいくつかに分けて,それぞれを異なった人物が担当すること。
  • 手工業……簡単な道具を使った小規模な工業のこと。

日本で工場制手工業がさかんになったのは江戸時代の後半で,尾張(おわり)の綿織物,桐生(きりゅう)・足利の絹織物などが有名である。これらは,明治以降の近代工業発展(産業革命)の基礎になっている。