トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


年中行事

Last-modified: 2019-03-19 (火) 16:31:12
Top / 年中行事

地理Dランク歴史Dランク公民Cランク

年中行事(ねんちゅうぎょうじ)

毎年,一定の時期に行われる行事のこと。 四季の農作業にかかわるもの,神道や仏教に由来するもの,中国や西洋から伝わったものなど日本にはさまざまな年中行事がある。

年中行事には過去の文化を知るためにも重要なものが多く,重要無形民俗文化財に指定されているものもある。

【年中行事の例】

江戸幕府が公式に認めた年中行事に,次の五節句(せっく)がある。

  • 人日(じんじつ)……1月7日。七種(ななくさ)(かゆ)を食べて祝った。
  • 上巳(じょうし)(「じょうみ」とも読む)……3月3日。桃の節句ともいう。江戸時代には女子の祝いの日とされ,ひな祭りが行われた。
  • 端午(たんご)……5月5日。菖蒲(しょうぶ)の節句ともいい,(ちまき)柏餅(かしわもち)を食べた。江戸時代には男子の祝いの日とされ,(こい)のぼりを立てたり,武者(むしゃ)人形を飾るようになった。
  • 七夕(しちせき)(「たなばた」とも読む)……7月7日。星祭り(七夕祭り)が行われ,願い事を書いた短冊(たんざく)(ささ)に飾られた。
  • 重陽(ちょうよう)……9月9日。菊の節句ともいい,菊の花を飾ったりして祝った。

節句は,ふつう3月3日,5月5日のように奇数の重なる日のことであるが,1月1日は元旦(がんたん)として特別な日にされていたことから,1月7日の人日が五節句の1つになっている。