トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


弘安の役

Last-modified: 2019-12-18 (水) 14:09:19
Top / 弘安の役

歴史Bランク

弘安の役(こうあんのえき)

1281年 第二次元寇(げんこう)のこと。 は東路軍と江南軍,合わせて14万の大軍を派遣した。

  • 東路軍……元と高麗の軍が主力となった。
  • 江南軍……元にほろぼされた(南宋)の兵が主力となった。

東路軍は対馬(つしま)壱岐(いき)を侵略し,博多(はかた)湾に入ったが,日本側が石塁(せきるい)を築いて抵抗したので上陸できなかった。出発のおくれた江南軍は平戸島(ひらどしま)付近で東路軍に合流して総攻撃を目指したが,直後におきた暴風雨によって壊滅(かいめつ)した。日本ではこの暴風雨のことを「神風」とよんだ。