トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


打ちこわし

Last-modified: 2019-04-17 (水) 12:54:15
Top / 打ちこわし

歴史Aランク

打ちこわし(うちこわし)

江戸時代,都市に住む貧しい人々が,米の値段をつりあげる大商人の家などをおそったこと。 不正を疑われた者の家屋を破壊したことから,打ちこわしとよばれる。

  • 最初の打ちこわしは,1703年に長崎でおきている。江戸で初めて打ちこわしがおきたのは,享保の改革中の1733年である。
  • 打ちこわしが多発した時期としては,天明のききん(1783〜),天保のききん(1833〜),幕末(1866〜)などがあげられる。幕末は,物価上昇や米不足が原因で,大阪や江戸をはじめ全国各地で打ちこわしがおきている。