トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


承久の乱

Last-modified: 2020-05-18 (月) 12:24:57
Top / 承久の乱

歴史Aランク

承久の乱(じょうきゅうのらん)

1221年 京都の朝廷と鎌倉幕府の間におこった争乱で,戦いは幕府側の勝利に終わり,西日本でも幕府の力が強まることになった。

朝廷勢力の回復に力を入れていた後鳥羽(ごとば)上皇が兵をあげたが,一致団結した幕府軍にわずか1か月で敗北した。

  • 後鳥羽上皇とその子である土御門(つちみかど)上皇・順徳(じゅんとく)上皇の3上皇が幕府によって流罪となった。
  • 後鳥羽上皇……隠岐(おき)(島根県)に流され,ここで亡くなった。
  • 土御門上皇……乱には関係していなかったので,幕府は処罰しようとしなかったが,本人の望みで土佐(とさ)(高知県)に流された。のちに阿波(あわ)(徳島県)に移されて,ここで亡くなった。
  • 順徳上皇……父の計画に積極的に協力した。佐渡(さど)(新潟県)に流され,ここで亡くなった。
  • 幕府は京都に六波羅探題を設置し,朝廷の監視や西日本の武士の統制を行った。
  • 幕府は上皇側に味方した貴族や西日本の武士の土地を取り上げ,東日本の武士をその土地の地頭に任命した。こうして,幕府の支配力が西日本までおよぶことになった。