トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


政令指定都市

Last-modified: 2018-09-18 (火) 16:03:51
Top / 政令指定都市

地理Aランク

政令指定都市(せいれいしていとし)

政令によって定められた人口50万人以上の大都市のこと。 指定を行うのは内閣で(政令は内閣が定める命令のこと),市や県の要望書を受けて協議を行い,閣議で決定して政令を公布する。

政令指定都市には,次のような特徴がある。

  • 都道府県の業務の一部を分担するなど,一般の市よりも多くの権限が認められている。(政令指定都市と都道府県は基本的に同格とされる。)
  • 市域を複数の区に分けて,区役所を設置することができる。(東京都の特別区と区別するために,政令指定都市の区を「行政区」ということがある。)

2018年現在で,次の20市が指定されている。

  • 札幌市(1972年指定)
  • 仙台市(1989年指定)
  • さいたま市(2003年指定)
  • 千葉市(1992年指定)
  • 横浜市(1956年指定)
  • 川崎市(1972年指定)
  • 相模原市(2010年指定)
  • 新潟市(2007年指定)
  • 静岡市(2005年指定)
  • 浜松市(2007年指定)
  • 名古屋市(1956年指定)
  • 京都市(1956年指定)
  • 大阪市(1956年指定)
  • 堺市(2006年指定)
  • 神戸市(1956年指定)
  • 岡山市(2009年指定)
  • 広島市(1980年指定)
  • 北九州市(1963年指定)
  • 福岡市(1972年指定)
  • 熊本市(2012年指定)

以前は人口が100万人以上の市が指定されていたが,2000年代になってから市町村合併を推進するために,より人口の少ない市でも指定されるようになっている。