トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


文明開化

Last-modified: 2019-09-18 (水) 12:56:44
Top / 文明開化

歴史Aランク

文明開化(ぶんめいかいか)

明治時代になって,欧米の文化や生活様式がさかんに取り入れられたこと。

文明開化は東京,京都,大阪や開港場の横浜,神戸などの大都市を中心にはじまり,次第に全国に広まっていった。

【文明開化の例】

  • (こよみ)……1873年から太陽(れき)になり,1日が24時間,1週間が7日となった。
    • それまでの日本では太陰太陽暦(月の満ち欠けを基準にするが,1年を太陽の動きに合わせて調整した暦)が使われていた。暦の変更によって,明治5年(1872年)12月2日の翌日が明治6年(1873年)1月1日になっている。
  • 住居……銀座(東京)などにはれんがづくりの洋館が建てられ,ガス灯がともされた。
  • 衣服……洋服やくつ,帽子を身につけ,散髪をするようになった。
  • ちょんまげを切り落とした髪型は「散切(ざんぎ)り」とよばれ,「散切り頭をたたいてみれば文明開化の音がする」と歌われた。
  • 食生活……牛肉やパンを食べたり,牛乳を飲むようになった。
  • 交通……鉄道馬車や人力車が使われるようになった。1872年には新橋(東京)〜横浜間の鉄道が開通している。