トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


新井白石

Last-modified: 2020-05-25 (月) 12:57:16
Top / 新井白石

歴史Dランク

新井白石(あらいはくせき)

1657年〜1725年 江戸時代中期の儒学者・政治家。 第6代将軍徳川家宣(いえのぶ)・第7代将軍家継(いえつぐ)の2人に仕え,幕府の財政を立て直すために次のような政策を行った。

  • 貨幣(かへい)の改良……第5代将軍徳川綱吉の時代に貨幣の質を下げた(ふくまれる金や銀の量を減らした)ために,物価が上昇していた。白石は貨幣の質をよくすることによって,物価を安定させようとした。
  • 長崎貿易の制限……輸入の支払いに使われる金・銀の海外への流出を防ごうとしたもの。

白石の政治は「正徳(しょうとく)の治」とよばれたが,徳川吉宗が第8代将軍になると,政治から退けられた。

おもな著作に「折りたく(しば)の木」「読史余論(とくしよろん)」「西洋紀聞(きぶん)」などがある。