トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


新石器時代

Last-modified: 2017-03-02 (木) 16:44:10
Top / 新石器時代

歴史Aランク

新石器時代(しんせっきじだい)

磨製(ませい)石器と土器が使われ,農耕と牧畜がはじまった時代。

今から1万年ほど前,氷期が終わって気温が上がりはじめると,寒い気候に適していた大型の動物が減る一方で,食料になる木の実などが増えてきた。こうした環境の変化に対応するため,人類の生活も変化していった。

  • 弓と矢が発明され,動きの速い小型の動物をとらえるようになった。
  • 役に立つ動物を飼いならして増やす牧畜や,実のよくなる植物を栽培して増やす農耕がはじまる。
  • 石をみがいてつくった磨製石器や,粘土を焼いた土器がつくられるようになる。

【注意】

日本では縄文時代が新石器時代にあたるが,食料に恵まれていたこともあり,農耕や牧畜はあまり発達しなかった。