トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


書院造

Last-modified: 2019-05-30 (木) 14:28:32
Top / 書院造

歴史Aランク

書院造(しょいんづくり)

室町時代におこった,武家の住宅の様式。 禅宗寺院の様式を取り入れたもので,部屋には(たたみ)がしかれ,(とこ)()には書画や生け花がかざられた。現在の和室のもとになっている。

初期の代表的な書院造として,将軍足利義政書斎(しょさい)であった,東求堂(とうぐどう)同仁斎(どうじんさい)があげられる。東求堂は銀閣とともに慈照寺(じしょうじ)にある建物で,同仁斎はその中にある部屋である。