トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


東廻り航路

Last-modified: 2020-09-08 (火) 14:20:21
Top / 東廻り航路

歴史Dランク

東廻り航路(ひがしまわりこうろ)

江戸時代に整備された,日本海沿岸から津軽海峡を通り,太平洋岸に沿って江戸に達する航路。 東北地方の幕府領の米を江戸に運ぶのに利用された。

犬吠埼(いぬぼうさき)(関東平野最東端の岬)沖の航海が当時の船では危険であったことから,次のような航路がとられた。

  • 当初の航路……犬吠埼手前の銚子(ちょうし)で米を荷揚(にあ)げし,川船を使って利根(とね)川や江戸川経由で江戸に運んだ。
  • 1671年に開かれた新しい航路(これを特に東廻り航路とよぶこともある)
  • 房総(ぼうそう)半島沖を大きく迂回(うかい)して,伊豆の下田か相模(さがみ)の三崎まで行く。
  • 下田か三崎で風をまち,東京湾に入って直接江戸まで米を運ぶ。

新しい航路の開発によって,米の大量輸送が可能になっている。