トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


枕草子

Last-modified: 2016-06-15 (水) 12:14:01
Top / 枕草子

歴史Aランク

枕草子(まくらのそうし)

平安時代中期に,清少納言(せいしょうなごん)が執筆した随筆(ずいひつ)集。 清少納言は,一条天皇の皇后定子(ていし)に使えた人で,「枕草子」には,宮廷生活の思い出や自分の感想などが,鋭い観察眼で生き生きと描かれている。