トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


林羅山

Last-modified: 2020-09-02 (水) 16:18:16
Top / 林羅山

歴史Dランク

林羅山(はやしらざん)

1583年〜1657年 江戸時代初期の儒学者(じゅがくしゃ) 京都に生まれる。藤原惺窩(せいか)から朱子学を学び,徳川家康に仕えた。徳川家光侍講(じこう)(君主などに学問を講義する学者)となり,1635年の武家諸法度を起草している。

林羅山の子孫は代々儒学者として幕府に仕えた。林家の私塾を幕府の運営する学校にしたのが,昌平坂学問所である。