トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


株主

Last-modified: 2021-02-22 (月) 15:09:56
Top / 株主

公民Aランク

株主(かぶぬし)

株式の所有者。 株式会社の出資者として,保有する株式数に応じた権利を持っている。

  • 株主は株式会社の利益の分配である配当を受け取ることができる。
  • 配当の額は会社の経営状況によって変わり,場合によっては配当がないときもある(無配という)。
  • 株式会社によっては,株主にサービスの割引券や商品を無料で提供することがある(株主優待制度)。
  • 株主は株主総会(株式会社の最高意思決定機関)に参加することができる。1株1票(または1単元1票)の多数決で議決されるので,大株主(多数の株式の所有者)の意思で会社の基本方針や取締役(会社の経営者)が決まることになる。
  • 近年は,会社が一定の株式数を単元株として定め(例えば100株=1単元),1単元1票の多数決で議決することが多くなっている。この場合,1単元に満たない株式については議決権は無いが,配当などを受け取ることはできる。
  • 株主は出資額以上の責任を問われることはない。例えば,ある株式会社が大きな借金をかかえて倒産したとする。株主は株式を買った金額分の損失を受ける(株式の価値が無くなるから)が,倒産した会社の借金の返済を求められたりすることはない。
  • ふつう証券会社を通じて証券取引所で株式を売買する。株価の変動を利用して利益ををあげる(例えば買ったときよりも高い株価で株式を売ることができれば,その差額が利益になる)ことを目的に株主になる場合も多い。
  • 売り手と買い手の間で直接株式を取引することもある(相対取引)。
  • 株主が特定の個人とは限らない。銀行などの金融機関や関連する企業が株主になっていることが多く,これを法人株主という。