トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


核兵器不拡散条約

Last-modified: 2016-06-20 (月) 15:50:56
Top / 核兵器不拡散条約

公民Bランク

核兵器不拡散条約(かくへいきふかくさんじょうやく)

核兵器保有国の増加を防ぐために1968年に結ばれた条約で,核保有国が非核保有国に核兵器や開発技術などを提供すること,非核保有国が核兵器を製造することなどを禁じている。 英語名はTreaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons(略称NPT)で,核拡散防止条約などとも訳される。

  • 1970年に発効。当初は25年間の期限付き条約であったが,1995年に無期限延長が決定している。
  • 日本は1970年に署名,1976年に批准(ひじゅん)している。
  • 2010年6月現在の締約国は190か国である。

【核兵器保有国】

  • アメリカ合衆国,ロシア,イギリス,フランス,中国……1967年1月の時点で核兵器を保有していた国。条約の定める「核保有国」とは,この5か国のことである。
  • ロシアは,1967年当時はソビエト連邦構成国の1つ。1991年のソ連解体時にはウクライナ,ベラルーシ,カザフスタンも核兵器を保有していたが,現在はすべてロシアに移管されている。
  • インド……1974年と1998年に核実験を行っている。核兵器不拡散条約には加盟していない。
  • パキスタン……1998年に核実験を行っている。核拡散防止条約には加盟していない。
  • イスラエル……核兵器の保有が確実視されているが,国としては保有を肯定も否定もしていない。核兵器不拡散条約には加盟していない。
  • 朝鮮民主主義人民共和国……2003年に核兵器不拡散条約からの脱退を宣言し,2006年,2009年,2013年に核実験を行っている。
  • イラン……核兵器不拡散条約に加盟しているが,核兵器開発疑惑が国際的な問題になっている。(2015年に核開発を制限することを,アメリカなどと合意している。)