トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


桃山文化

Last-modified: 2017-03-30 (木) 16:05:29
Top / 桃山文化

歴史Aランク

桃山文化(ももやまぶんか)

織田信長・豊臣秀吉の時代の文化のことで,戦国大名の権力や大商人の富を背景とした,豪華で雄大な文化である。 「安土桃山文化」ともいう。仏教の影響が小さいこと,南蛮文化の影響が大きいこと,庶民性が高いことなどが特徴にあげられる。

  • 城……安土城,大阪城,姫路城など。
  • 高くそびえる天守が権力の大きさを示した。
  • 室内には書院造が取り入れられ,ふすまや屏風(びょうぶ)には狩野永徳・狩野山楽などの画家によってはなやかな絵がえがかれた。
  • 茶の湯……千利休が茶道を完成する。
  • かぶき踊り……出雲の阿国がはじめたもので,江戸時代には歌舞伎に発展した。
  • 浄瑠璃(じょうるり)……三味線(しゃみせん)に合わせて語る芸能。
  • 三味線……琉球(りゅうきゅう)から伝わった三線(さんしん)がもとになった楽器。