トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


桓武天皇

Last-modified: 2019-05-13 (月) 12:40:02
Top / 桓武天皇

歴史Aランク

桓武天皇(かんむてんのう)

737年〜806年 平安京に都を移し,律令政治の立て直しに努力した天皇。

781年に即位し,次のような政策を行った。

  • 新しい都の建設……仏教勢力の強い平城京から都を移した。
  • 784年……都を長岡京(京都府)に移す。造営の責任者が暗殺されるなど,政治の混乱が続く。
  • 794年……都をさらに平安京に移す。
  • 蝦夷の征討……朝廷の支配に従わない東北地方の蝦夷に対して,たびたび兵を送った。
  • 征夷大将軍になった坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)のはたらきによって,朝廷の支配地が拡大した。
  • その後も,蝦夷の抵抗は東北各地で続いた。
  • 班田収授の実行……班田の期間を6年ごとから12年ごとに修正するかわりに,確実に実施させようとした。
  • 国司の監督……国司の不正を防ぐために,国司を監督する勘解由使(かげゆし)を置いた。
  • 兵制の改革……農民を兵士とすることをやめ,郡司の子弟など兵とするを健児(こんでい)の制を定めた。

晩年の桓武天皇は,人民を苦しめているのは軍事(蝦夷の征討)と造作(平安京の建設)であるという意見を受け入れて,2つの事業を中断することを決意している。