トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


武士

Last-modified: 2016-11-02 (水) 16:58:07
Top / 武士

歴史Aランク

武士(ぶし)

刀剣や弓矢,騎馬(きば)などの武芸を専門とする人々のこと。 身分としての武士のことは,武家という。

武士がおこったのは平安時代の中期で,地方の豪族が領地を守るために武装するようになり,11世紀頃には武士団というまとまりをつくるようになった。はじめは朝廷や貴族に仕えていたが,12世紀のなかばごろからは政治的な力も強め,平清盛が武士として初めて政治の実権をにぎっている。

  • (さむらい)……武士の別名で,特に上位の武士を指すこともある。語源は「さぶらう(目上の人のそばに控えること)」で,武士が皇族や貴族に仕えていたことから生まれた言葉である。
  • 武士の生活のようすは時代によっても違っている。
  • 中世の武士……荘園や公領のなかに,土塀(どべい)や堀をめぐらせた屋敷をかまえ,周辺の田畑を農民に耕作させていた。有力な農民から武士になる者もあった。
  • 近世の武士……兵農分離によって武士と農民の身分がはっきりと分けられた。武士は城下町に住み,将軍や大名の家臣として行政や軍事などの仕事についた。