トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


殖産興業

Last-modified: 2017-03-02 (木) 12:28:06
Top / 殖産興業

歴史Aランク

殖産興業(しょくさんこうぎょう)

明治政府が,欧米の進んだ技術や機械を取り入れ,近代的な産業を育てようとしたこと。 富国強兵のうち,「富国」を実現させるための政策で,「殖産」は産業をさかんにすること,「興業」は産業を新しくおこすことを意味する。

政府は外国人技術者(「お(やと)い外国人」とよばれた)を日本に招き,富岡製糸場などの官営模範工場を各地につくった。また,交通・通信の整備にも力を入れた。

  • 交通……1872年に新橋・横浜間に初めて鉄道が開通した。その後,神戸・大阪間,大阪・京都間なども開通し,大都市と主要な港が鉄道で結ばれた。
  • 通信……郵便制度がはじまる。また,国内の各地が電信で結ばれた。