トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


水力発電

Last-modified: 2018-09-18 (火) 14:40:04
Top / 水力発電

地理Aランク公民Dランク

水力発電(すいりょくはつでん)

水が落下するときのエネルギーを利用し,発電機を回して発電すること。

【おもな水力発電】

  • ダム式発電……ダムを建設して河川の水をせき止め,たまった水の落差を利用して発電する。建設できる場所が限られていることや,建設や送電に費用がかかるという問題がある。
  • 水路式発電……河川に小さなせきをつくり,傾斜のゆるやかな水路に水を流して発電する。大規模な工事が不要だが,河川の流量で発電量が決まる。
  • 揚水(ようすい)式発電……電気の使用量の少ない夜にポンプで水をくみ上げ,使用量の多い昼に水を落として発電する。火力発電原子力発電と組み合わせて,発電量を調整している。

【注意】

水は落下させてもなくなることはないので,水力発電は再生可能エネルギーである。ただし,ダム式などの大規模な水力発電は環境に対する影響(ダム建設による環境破壊など)が大きいことから,再生可能エネルギーにはふくめないこともある。