トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


源氏

Last-modified: 2020-07-13 (月) 13:37:44
Top / 源氏

歴史Aランク

源氏(げんじ)

清和(せいわ)天皇の子孫で,東日本で大きな武士団をつくった一族。 陽成(ようぜい)天皇の子孫であるという説もある。

もとは中級の貴族であったが,藤原氏に仕え,武家としての地位を確立していった。

  • 平安時代後期に源頼義(よりよし)義家(よしいえ)の父子が東北地方の乱をしずめて,東日本で大きな勢力をもつようになった。一方で一族内での争いも激しかった。
  • 江戸幕府を開いた徳川家康も源氏を名乗っている。ただし家康は藤原氏を名乗っていた時期もあり,ほんとうに源氏の出身であるかどうかは不明である。

【注意】

(みなもと)」は,天皇の子孫で臣下(貴族)になったものにさずけられた姓の一つである。したがって「源氏(源という姓の一族)」といってもいろいろな一族があるが(全部で21ともいわれる),武士団をつくった源氏(上で説明した「清和源氏」)が最も有名である。ちなみに「源氏物語」の主人公の光源氏は,天皇の子が源の姓を与えられて貴族になったという設定であり,武士ではない。