トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


源義経

Last-modified: 2017-04-12 (水) 16:53:54
Top / 源義経

歴史Bランク

源義経(みなもとのよしつね)

1159年〜1189年 平安時代末期の武将。 源義朝の9男で,源頼朝の弟。頼朝の武将として活躍し,壇ノ浦の戦いで平氏をほろぼした。


【源義経】

平治の乱で父を失い,京都の鞍馬寺(くらまでら)にあずけられる。

  • 1174年……京都から脱走し,奥州藤原氏をたよる。
  • 1180年……関東地方で兵をあげた兄頼朝の軍に加わる。
  • 1184年
  • 1月……兄範頼(のりより)とともに,京都を占領していた源義仲(よしなか)(頼朝・義経のいとこ)を倒す。
  • 2月……一ノ谷(いちのたに)(兵庫県)の戦いで,平氏を破る。
  • 8月……後白河法皇から官位を授けられる。頼朝の許可を得ていなかったことから,頼朝との対立がはじまる。
  • 1185年
  • 2月……屋島(やしま)(香川県)の戦いで,平氏を破る。
  • 3月……壇ノ浦(山口県)の戦いで,平氏をほろぼす。
  • 5月……鎌倉に入ることを禁じられ,頼朝との対立が深まる。
  • 10月……後白河法皇から頼朝追討(ついとう)の命を受けるが,ほとんどの武士から協力を得ることができず,京都から逃走する。
  • 1187年……奥州藤原氏のもとに逃れる。
  • 1189年……頼朝から圧力を受けた藤原泰衡(やすひら)に攻められて,平泉で自殺した。