トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


狂歌

Last-modified: 2016-06-15 (水) 15:06:55
Top / 狂歌

歴史Bランク

狂歌(きょうか)

江戸時代中期ごろから流行した,政治や社会を風刺(ふうし)する短歌。

次の2つは,寛政の改革を批判した狂歌である。

  • 「世の中に ()ほどうるさき ものはなし 文武(ぶんぶ)といひて 夜もねられず」……松平定信が文武(学問と武芸)をすすめたことを,蚊のブンブンという音にたとえて,うるさいと皮肉ったもの。
  • 「白河の 清きに魚も 住みかねて もとのにごりの 田沼こいしき」……「白河」は白河藩主だった松平定信,「田沼」は田沼意次のこと。寛政の改革がきびしすぎて,生活しにくくなったことを皮肉っている。