トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


独占禁止法

Last-modified: 2016-06-20 (月) 15:22:30
Top / 独占禁止法

歴史Dランク公民Aランク

独占禁止法(どくせんきんしほう)

企業の健全な競争を維持するために定められた法律。 大企業による独占寡占を防ぐことが目的である。

日本では1947年に独占禁止法が制定され,公正取引委員会が運用にあたっている。

【独占禁止法で禁止されている行為の例】

  • 私的独占
  • トラスト……企業が合同して,市場を支配すること。事実上企業は一体化される。
  • コンツェルン……持株会社を中心にして,巨大な企業集団をつくること。形式的には企業は独立しているが,親会社の支配下に置かれている。
  • 不当な取引制限
  • カルテル……企業が協定を結んで,価格や生産量などを決めること。
  • 談合(だんごう)……企業が話し合って,公共事業などの受注業者や受注金額を決めてしまうこと。
  • 不公正な取引方法
  • 抱き合わせ販売……人気商品と不人気商品をセットにして販売すること。
  • 不当廉売(れんばい)……ライバル企業を倒すなどの目的で,不当に安い価格で販売すること。